不定期更新  今はかなり放置しちゃってます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日からの続き

雨の国道244号、根北峠斜里側下りは、きついヘアピンカーブが続くそこに、スリップサインが出たフロントタイヤで攻め込む!!


なんて出来るわけも無くそろそろと下っていく

水滴で視界も悪く、眼鏡を掛けているのでシールドを上げても、眼鏡が濡れるので、どちらにせよ前が良く見えない

滑るフロントに苦戦しながら、最後のヘアピンカーブに差し掛かる
最後のカーブと気が緩んだのか、リヤブレーキを雑に掛けてしまい
山側にケツが流れる!!

瞬時に、アクセルとブレーキと根性で立て直し事なきを得る

後は、なだらかな高速コーナーが続くので少しペースを上げる
相変わらず、雨は降り続いている
水滴と息で曇るシールドを左手で拭いながら、周りに注意して進んでいく、このあたりは鹿が出てくるので、直線でも油断できない。

なんとか峠を下り(鹿は居ませんでした)道々872号を経由して国道334で美幌町に、雨は小清水町から小降りになっていた

美幌から国道39号で北見へ

家の手前7キロほどの所で無性に、タバコが吸いたくなりP帯で休憩

メットを脱ぎ、タバコに火を点けRFの周りをゆっくりと歩く
雨と泥で汚れた車体を見ながら、こいつと過ごした4年間を思い出す。

ふと、メーターを見ると22316km、4年で13000kmほど走っていた

RFは買う前から気になっていたバイクの1台で当時乗っていたVTが他界しバイク屋をめぐっていた時に見つけた。
その場でエンジンを掛けてもらい、ヨシムラのスリップオンから流れる排気音に惚れ、翌週には判子を握り締めバイク屋に向かった

あれから4年、途中アキレス腱が切れて乗れない時期もあったが
ろくにメンテもしない俺に文句も言わず(当たり前か
走ってくれた。

「よく走ってくれたな、有り難う」

タバコを消し、RFに跨りエンジンを掛ける、ギアを1段下げP帯を出る

と、右から来る車列にバイクのライトが
目の前を走りすぎるバイクに一瞬目を疑う

「俺のバイクじゃないか!?」

いや正確には今度俺が乗るGSX1400!急いでP帯を出て後を追う

GSXを追いかけながら冷静に考えると、まだ登録もしていないし、良く観ると、02’型のようだ(^^;)
しばらくそのGSXを後ろから眺める、前を走るライダーの背中を自分の姿にダブらせて顔がニヤ付く

と、突然RFの燃料ランプが点灯する

「出来すぎだな」

走りながらリザーブに切り替え、拗ねるなよ、とタンクを撫ぜる

アクセルを開け、GSXを抜かし片手を上げる、ミラーのなかでライダーが軽く左手を上げていた。



嘘のような本当の話、だからバイクは辞められない。


明日、RFに乗りGSXを迎えに行きます。

新たな旅に出るために。

PA0_0000.jpg


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。