不定期更新  今はかなり放置しちゃってます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070612144104
朝、天気予報を確認すると
今日は猛暑になる予報!
海沿いを行こうかと、思ったが風が強いので
内陸部を行く事に
ある程度暑いのを覚悟していたが
これほどまでに熱いとは
エンジンがね!!(^o^;)
GSXのエンジンはなんでこんなに熱いんだ?
油温計は70℃前後を示しているが
股の間にストーブを抱いて走っているような感じ(>_<)

これで、本州を走るとなると、何かしら対策が必要かも?


そんなこんなで、今富良野まで来ました
さて、今夜の宿泊地を探しますか(^-^)

船酔いと闘いながら、稚内に到着
港で少し休み、日本海側を南下する
道々106を走るが風が強いので稚咲内から豊富町に抜け給油する
そこから、豊富温泉を抜け、幌延町のキャンプ場に向かうが
途中で引き返し、豊富温泉に宿を取る事にした
船酔いで疲れた体で、キャンプはキツいな~と、感じた為だ
温泉街を周り、ニューホテル サラベツに宿を取る
外観や部屋は、古くさいが、露天風呂が良さそうだったからだ
チェックインを済ませると
今日の露天風呂は女性専用日になってます
との事、、、、、入りたかったのに(Θ_Θ)
まあ、明日の朝入れば良いか
夕食は少し奮発し、焼き肉を追加し
久しぶりに飲んだビールも旨かった

テレビで明日の天気をチェックすると
全道的に夏日らしい!
明日は、海沿いが気持ちよいかな?
でも、内陸部の峠道もすてがたいな

明日の朝、決める事にするか(^-^)/

礼文島を出て稚内に向かう

YHの宿泊客だろうか?出航と同時に歌を踊り付きで歌い始める客がいた

港には、見送りの人達もいて、同じように歌い踊っている

なんとなく、良き昭和を感じた


今日は朝のんびりし過ぎて、キャンプ場を出るのが遅くなった

最初にストコン岬に向かう、日本最北端の岬では、トドが昼寝をしていた

その後も各所を周り、気が付くと12時30分
フェリーの時間まで30分!
急ぎフェリーターミナルに向かい乗船する
朝ゆっくりし過ぎた為に昼に、食べようと思っていた
ウニ丼を食いそびれてしまった

まあ、ウニ丼は瀬棚辺りでも食べれるし、よしとしよう



しかし、今日のフェリーはやけに揺れる

ちょっと気持ち悪いくなってきた、、、、、、

うっっぷっっ!!!!


沓形港から、フェリーにのり礼文島へ
島に到着すると少し肌寒かった
地図でキャンプ場を確認し
GSXを走らせる、一つ目のキャンプ場は山間にあり、駐車場からサイトまでの距離が離れているのでパス
2つ目の久種湖畔キャンプ場には、バイクが二台止まっていた
サイトのキレイだし管理人さんの人当たりも良いので
ここに決めた、チェックインを済ませると
管理人さんが
ホッケ食べるかい?
と、冷凍の開きホッケをくれた
有り難く頂戴し、テントを設営
買い出しを済ませて一年ぶりに飯を飯盒で炊く
が、、、、、、失敗した(>_<)
水加減が悪かったのか、お粥の出来損ないになってしまった

が、不思議とキャンプ場で景色を眺めながら食べると
まあまあ、いける
と、言うか、旨かったりするから不思議だ

いつも、キャンプではさほど良いものを食べていないが
なぜだか、旨く感じる
景色が良い調味料なのかな?

20070610124605
まずは、一言

美味い!!!!

見た目は黒くて、見るからに辛そう
ルーはさらさら
食べて見ると、意外にあっさりしている
食べた後に辛さが口に広がるが、あまり残らない辛さ

エビフライもサクサクだし
これは、おすすめ(^-^)/
今回食べたのは、エビフライカレー
シーフードが美味いらしいが、品切れだった


さて、腹も満たされたので、もう少し島をまわって
15時20分のフェリーで礼文島に渡ります(^-^)/
桜が満開のキャンプ場で出発の準備をしていると
バンガローに泊まっている、おじさんが話しかけてきた
バイクに火を入れ、エンジンが暖まるまで
しばらく話していると
どうやら、一人で島に滞在中のようだ
退職して、夏は利尻、冬は屋久島で過ごしていると言う
僕のような若造が言うのもおこがましいが、良い人生を送っていらっしゃる

その人に何か、美味い物ないですか?と聞くと
フェリーターミナルの二階にある喫茶店のカレーが、なまら美味いと言うので
島を一回りしてからカレーを食べに
フェリーターミナルまでやって来た
利尻でカレー!ってのも、変かもしれないが
海鮮系は北海道の至る所で食べれるので
対に食べなきゃ、ってほどでも無い

今、カレーを注文し、待っている時間でブログを書いています

味については、また後で(^-^)/
20070610043903
朝3時、車のエンジン音で目覚める
どうやら隣のバンガローに泊まってる人が釣りに出掛けたようだ
寝袋にもぐり込んでもう一度寝ようとしたが、目が冴えてしまった為に散歩に出掛ける
キャンプ場の周辺は散策路になっているので、その道を歩く
鳥の囀りを聞きながら、歩いていると
利尻富士が見えてきた、山頂には雲が掛かっている
静かな朝だ、風が少し肌寒い
散策路を抜けると、自転車道路が有った、しばらく自転車道路を歩くと終点の看板が、そこに有ったベンチで、ブログの更新
さて、戻って朝飯でも食べよう
フェリーが港に付きいざ、利尻島へ!
?????あれ?
エンジンが掛からない?????
なんで?????
まさかFIが逝ったか????
とりあえず、押して出る
メーターにはcheckの文字が表示されている!
なぜだ!
途方に暮れて、ショップの社長に電話するが、原因が分からない、との事、、、、、
まいったな~と、電話しながら、ふとキルスイッチを見ると!!!!!
あっ!!!!!!!
キルスイッチがONになってる!
社長にすいませ~んと誤り電話を切るY(>_<、)Y

乗船した時に、普段使わないキルスイッチを使っていたのを、すっかり忘れていた(^o^;)
いゃ~なまら焦りましたf^_^;
久々のフェリーで舞い上がってたんだと、思います。

反省(*u_u)

気を取り直して、沓形の森林公園キャンプ場にチェックイン、シーズン前の為、バイクは俺一人
他には、バンガローに二組の家族連れだけ
色々と疲れた為、簡単な夕食を済ませ
近くの温泉で汗を流す
久しぶりに入った天然温泉は気持ち良い(^-^)

静かなキャンプ場に鳥のさえずりが聞こえる中、ブログを書いています。

さてと、今日は疲れたのでもう寝ます(-.-)zzZ

なんか、まとまりの無い文章になったな~(><;)
20070609161207
自宅を出発してから、何事も無く順調に進み
紋別にて、買い出しをする
昨夜、急に旅立つ事を決めた為、少し装備品が足りなかったからだ
その後も、穏やかな気候の中、快調に進み宗谷岬に到着
少し休憩した後、稚内港を目指す
フェリーターミナルに入り、自販機にて乗船券を買う
少し時間があったので、市内に戻り給油を済ませて
乗船場でフェリーが来るのを待っていると、チャリダーが一人、横に並んだ
60代前半のチャリダーは、山登りをするため、大阪からやって来たと言う!

日本海側の山を登りながら、北海道に渡って来たそうだ
昔から山登りをしていて、退職を期に山行しながら、全国を車で旅していると言う
普段は車で移動し、フェリーとかに乗る時はチャリに変えるそうだ。

乗船した後、そのおじさんと写真を撮り合い、
今、後部デッキにてブログを更新している
さて、船を降りた先には、何かが待っているのだろうか?
期待と不安と船酔いと格闘しながら
後、一時間の船旅を満喫しよう
旅に出ます(^^)/

昨日、そういえば北海道の離島って行ってないな~と、気づき
ちょっと利尻、礼文まで行ってきます

時間があれば、奥尻や天売、焼尻も行こうかと思っていますが、どうなるか?未定です

では、行ってきます(^^)



追記:携帯でブログの更新する予定ですが、コメントなどは返事が遅れると思いますんで、ご了承下さい。
昨日からの続き、とある夏の夜、偶然出会った3人のバイク乗り
もう一台ホンダが揃えば、国内4メーカーが揃うね、などと話していた矢先
そこに現れたバイクは、、、、はたしてホンダなのか!!!


では、続きをどうぞ(^^)


[日本4大メーカー(2)]の続きを読む
今日はGPzに乗っていた頃の話

ある年の夏、いつものように夏季休暇を利用して道内ツーリングに出かけた。

目的地も決めずに走りだす、網走から北上し紋別を過ぎた辺りで空模様が怪しくなる、このまま行くと雨に当たりそうなので内陸に進路を変える滝上町から浮島トンネルを抜け上川に着く

出発した時間が遅かった為、愛山渓ドライブインに付いた頃はもう日が暮れていた

ドライブインで食事を済ませ外に出ると、雨がぱらついてきた

「まいったな」

と辺りを見渡すと、隣の売店前に大型のテントが張ってある、学校の運動会などで使う大型の屋根だけ生地が張ってあるテントだ
しかもその下には、テーブルとベンチが置いてある

「あそこで合羽着るか」

バイクを移動させ、タンクバックの中から合羽を取り出し、同時に地図を広げ、今夜の宿泊地を探すが目ぼしい場所が見つからない。

タバコを吹かしながら、どうしようか迷っていると、一台のバイクがこちらに向かって来る

「こんばんは」

メットを脱いだライダーが、テーブルを挟んだ向かい側に腰を下ろす

『こんばんは、どっちから来たの』
「富良野からです、いや~振って来ましたね」
『そうだね、どこまで行くの?』
「今日はこのあたりで、泊まろうとしたんですが、、、、」
「良い場所が見つからずこんな時間になってしまいました」

時計をみると、午後7時を回っている
それからしばらくそのライダーを話をしていると、隣にコンビにがある事に気が付く

『あそこで酒買ってさ、今日はここで泊まるかい?』
『良いテントもあるしさ』と、上指差す俺
「そうですね、んじゃそうしますか」

と、話がまとまり二人で隣のコンビにから酒とつまみを買ってきて宴会を始める、雨で沈んでいた気持ちが一気に楽しくなる

大学4年生の埼玉からきた、セロー乗りの彼は就職がやっと決まったので、憧れていた北海道ツーリングに来たのだそうだ

二人で、酒を酌み交わしながら談笑していると、バイクが近づいてくる

『こんな時間に走っているなら地元だな』

と、しゃべっているとウインカーが点いた、国道からドライブインの駐車場に入り、ゆっくりとこちらに向かって来る

【こんばんは】

荷物は少ないがどうやら、道外の方のようだ

『こんばんは』
【良い場所だね、一緒に良いかい?】
『ぜんぜん良いですよ、一緒に呑みましょう』
「どうぞどうぞ、ここ良い場所ですよテントもあるし」

三台目のバイクはGSX-R750、鈴鹿からお姉さんの墓参りに来ているそうだ

三人に増えたテントの中は少し肌寒いが、楽しい宴会場と化していた

数時間前は、ぱらつく雨と日が暮れたせいで落ち込んでいた気分が嘘のようだ

それからしばらくして、国内4メーカーのうち3つ揃っているねと、誰からとも無く話がでる

『もう一台来てそれが、ホンダなら奇跡だね』

などと、話していたら、バイクのヘッドライトが見えた

まさかね~?と三人でそのバイクを見つめると、こちらにウインカーを上げた

お!!!これは!!!!

近づくバイクに三人の目が注ぐ

 
つづく(^^)



aizann.jpg

最近PCの調子がおかしくて、画像アップがうまくいかない原因が良く分からなくて、四苦八苦している今日この頃
皆さんは如何お過ごしでしょうか?

このブログを始めて、約2ヶ月いつの間にやらカウンターが4000越している!!
皆さん、訪問&コメント本当に有り難うございますm(^^)m
すごく励みになります(^^)


さて来週末から(予定)いよいよ、わが人生最初で最後?(爺になってからもう一度行くかも?)の日本一周が始まります。
が、出発日は未定です、ラフロのキャリアーがまだ来ないんですよ、、、、、(><)


そんなこんなで、とりあえず旅の準備を始めました。

まずは、テントの修理

ロゴスのツーリングドームソロ(確かこんな名前だったはず?)
このテントはもう10年使っています、出張で茨城に行ったときホームセンターで買いました。
その当時僕の地元ではファミリー向けのテントしか売っていなくて、ネットなどもまだ流行っていない時代でしたので通販でも買えず、出張先のホームセンターやアウトドアショップを周り、これを買いました。

選んだ理由は値段と収納時のサイズです、それまで使っていたテントはポールが長くて収納時の全長が約1m、バイクに積むと横にかなりはみ出します
それに対してこれは約35cm、ツーリングザックにしまえるので重宝しています。

欠点は、テント本体が全てメッシュ(底部を除く)なので、北海道の春、秋では使えません
一度、5月の連休にキャンプツーしたのですが、寒くて死ぬ一歩手前でした(><)

日本一周を期に買い換えようかと思っていたのですが、、、、、愛着もありますし、修理して使うことに。

まずは、天日干し
20070606190848.jpg

一緒に寝袋も干しています

続いてリペアキットでフライシートの穴を補修、メーカーが違うが問題無しでしょう(^^;)
20070606185910.jpg

道具は、アイロンとハサミだけ

まずは、穴の大きさに合わせてシートを切り台紙を剥がして、穴の上から貼り付ける、そしてアイロン(低温)で軽く押さえて、まわりにシームシーラーを塗る

今回初めて修理したんですが、意外と簡単にできました(^^)

修理後
20070606190613.jpg


その後シームシーラーが乾いてから、撥水スプレーを塗布して完了
これで、梅雨の時期でも大丈夫でしょう(^^)


昨日(6/3)自動車学校で一緒だったMさんとそのお仲間とツーリングに行ってきました。

総勢9名
1400ccから250ccまで多種多様なバイクでのツーリング

弟子屈で休憩中のひとコマ
20070604200423.jpg

手前の白いX4がMさんリターンライダーです



ルートは美幌→斜里→知床峠→羅臼→標津→中標津→弟子屈→美幌峠→美幌の走行距離約300キロ

晴天の朝、待ち合わせ場所で待っていると、次々とバイクが各方面に散って行く
最近週末の天気が芳しくなかったせいで、どこからともなくバイクが湧いてくるって感じ、SSもあればオフ車やアメリカン、ネイキッドなどさまざまなバイクがこの天気を逃すものかと、走り去っていく。

待ち合わせ時間に間に合わなかった1名が揃い、当初より40分遅れで出発!

RFとのラストランで走った道のりをGSXと共に、新しく出遭ったバイク乗りと走っていく。


知床峠でGSXとのコーナリングを存分に楽しみ、羅臼の道の駅に到着

一服していると、誰かが「あっ!鹿だ!」と叫んでいる

鹿なんてこの辺にはいっぱい居るよ、どうせ裏山の斜面に居るんだろうと、みんなの見ているほうを見ると

なんとすぐ横の街中にいる!!
sika.jpg



いくら鹿が多いとはいえ、こんな街中で見たのは初めて!さすが世界遺産!


そうそう北海道には、こんな標識もあります
20070604201215.jpg

めったに見ないですがね(^^;)


羅臼を後にし北方領土をバックミラーで見ながら、標津を目指す
標津で昼食を取った後、内陸に入るとかなり暑い!!
弟子屈で休憩した時は、暑くてみんな少しばてていた

その後、美幌峠まではフリー走行と言う事で、ZX7Rが先頭きって飛び出して行く、続いてエリミ750にZRX1100そしてX4

僕もその後に続きGSXのアクセルを捻る

ガイラシールドのおかげで、少々スピードを出しても付いていける、やはりシールドを付けて正解だった(^^)

ワインディングを楽しみながら峠に到着、2着でした(^^;)


峠で一服してから、各自解散
Mさんから「気をつけて一周してきなよ」「帰ってきたらまた一緒に走ろう」と、励ましを受け
「帰ったら連絡します」と、別れる

バイクを通じて出会った、新しい友人
仕事を辞め、大型二輪に乗るようになってから新しい交友関係が増えていくのは何故だろう?
無職なので、色んな人に時間が合わせられるのも原因のひとつかな?

いや、バイクに乗っているから! だからかな?(^^)


また、新たな出会いに期待しながら、16日(予定)旅立ちます(^^)/











やっと来ましたよ、シールドが(^^)
これです
20070602215203.jpg


シックデザインの鎧羅(ガイラ)シールド♪
スモークタイプのLサイズです。

カッコいい!(^^)

取り付けて少し走って見ましたが、1△○km以上で走ってもぶれる事はありません、しっかり付いています。

今までは80kmくらいでも、向かい風がキツイと辛かったのですが、全然楽チン♪

正面から
20070602225055.jpg



裏側
20070602225204.jpg



横から
20070602225330.jpg



かなりフロントのイメージも変わりました、可変タイプなので角度は変えられますが、このシールドの中に油温計を付けるのでこのままの角度でいきます、そのほうが風防効果も高いしね(^^)






今日はyamaさんとツーリング行ってきました。

朝起きると生憎の曇り空しかも少し霧雨が、、、、、
天気予報を調べると昼頃から晴れの予報、それなら何とかなるかと待ち合わせ場所にGSXを走らせる。

少し早く着き、コンビニでほっとコーヒーを買いレジに行くと、窓越しにyamaさんが到着するのが見えた

「いやー寒いね」がお互いの第一声(^^;)

天気予報や雲の流れから、美幌峠に行くのを止め、温根湯に行くことに
美幌町を抜けると霧雨が酷くなり、旧端野町辺りで路面は乾いてきたが、GSXはドロドロ
その後霧雨は止んでいたが相変わらずの曇天(><)

寒い~と、凍えながら、温根湯の道の駅に到着、この後のルートをあれこれ話していると、CB400SFが僕らの横にすべり込んできた。

軽く会釈をしたライダーを見て少し、びっくり!!?

下はジャージ?(にしか見えない)で上は革ジャンだが?(バイク用じゃなくダイエイとかで売ってるようなフェイクレザー?)にマフラーという格好に????

まあ、人の事をとやかく言うつもりはないのですが、ナンバーをみて、その格好とのギャップ?にびっくりしたのです

なんと、ナンバーは北九州!!!

しかも、メットを取ったそのライダーは、50代後半の紳士!!!


「日本一周ですか?」
「ん~まあそんな感じだね」「いや~北海道はやっぱり寒いね」(その格好じゃあたりまえじゃん?)
「今年はなんだか寒いんですよ」
「そうなんだ、これから温泉はいって石北越えるかな?」

んじゃと、その紳士は道の駅に入って行った

「yamaさん見ました、下ジャージでしたよね?」
「見た見た!やっぱあれジャージだよな?」
「あれじゃ寒いべ~」
「ですよね~荷物も普通の旅行鞄をネットで括り付けてるだけだし」
「あれで北九州から来たんなら相当のツワモノですよ!!」

などと、その紳士のいでたちで話が膨らみ、バイクも自分の子供が乗っていたのをちょっと借りてきたみたいな感じがして、どことなく違和感がある。
人を見かけで判断してはいけないのは、分かっているが、本州から来たにしては、やけに軽装過ぎる!

でも、今ブログを書いていて思い出したが、6年ほど前に稚内で出会った初老の方は、リード90で大阪から来ていた
あのリードに乗っていた初老の人もかなりの軽装だったな~と。

バイクに乗るのに、この格好じゃなきゃいけない!!ってのは無いからな~

人それぞれ、自分に合った格好で乗れれば一番それが良いんだろう
革ジャンで決めるのも良し、イエローコーンのハデハデジャケットで乗るのも良いし、ツナギやバトルスーツなんてのもあるしね(^^)

なんかちょっと考えさせられた一日でした。


でも、この寒空にジャージは如何な物かと、、、、、(気温8度)


ジャージの上にオーバーパンツを履いてバイクに乗っている自分は思いました(^^;)
(寒かったからね





20070601002547.jpg

明日は洗車だな(^^;)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。