不定期更新  今はかなり放置しちゃってます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年6月28日

AM 5:00 石垣島到着

下船し、フェリーターミナル前にて与那国島に渡るフェリー等の情報収集を始める

八重山諸島の地図


与那国島行きの運行表が無いか、ターミナルの中を探すがどこにも見当たらない
しかも、朝5:00なので案内所も開いていない

ターミナルを出て、タバコを吸っていると同じフェリーに乗っていた原付ライダーが話しかけてきた

「これからどこ行くの?」
『ん~、とりあえず与那国行ってみようと思ってるんだわ』
「そっか、それなら向こうの方に、フェリー乗り場があるはずだよ」

と、指を差す。 どうやら今居る岸壁の対岸にあるらしい

『君はこれから?』
「ああ、俺は波照間行くんだ、良いよ~波照間は」
『波照間?』
「日本の一番南の島だよ、一般人がいける所でね」
『へ~!!そうなんだ!!知らんかった!!』

そう、ここに来るまで一番南は小笠原諸島のあるもんだと思っていたのだ
早速マップル付属の日本全図を広げる

『ここが波照間、ほんとうの最南端はここ、沖の鳥島』
『一般人は行けない島だよ』
「なるほどね~」

それからしばらく、話をして彼は波照間に行く為、離島桟橋に向かって行った


GSXに跨り、与那国行きのフェリー乗り場に行くが9時過ぎないと開かないらしい
それならば、島を一回りしてからまた来ましょうと、GSXを走らせる


一周ざっと走るだけなら約70kmほどなので、ゆっくり走っても2時間弱、調度いい時間だ

市街地を抜けると、青い海と南国の木々が生い茂る道が続いていく

IMG_1018 のリサイズ画像


途中、キャンプ場の場所を確認しながら、南国の風を受け走る

IMG_1012 のリサイズ画像



一回りして帰ってくると、窓口は開いていた。

時刻表を見ると、石垣から与那国へは、週2便で水曜日と土曜日、帰りの便は月、木曜日
今日は木曜日、行くとすると土曜日に行き月曜日に帰る事になる

窓口のおじさんに混み具合を聞くと

「土曜は混むよ、カジキマグロ大会だからね、宿も取れないんじゃないかな?」
『カジキマグロですか、、、、、』

これは、予定変更だな、、、、、とりあえず受け付け開始の時間などを聞き、フェリー乗り場を後にする

近くの離島桟橋に行き、周辺の島に渡る手段を調べる
周辺の島へはここからバスのような船が出ている、これを使えば日帰りも可能だ

それならば、ここ石垣に拠点を作り出来る限り島を巡りましょうと、大まかな予定を決める

行きたい島は、与那国島波照間島西表島、西表には一泊しカヌーに乗ってみたいそしてあの番組のロケ地にも行ってみたい!!

一週間もあるので余裕で行ける、残りは石垣をゆっくり見て回ろうと思い早速拠点場所探しをすることにした

離島桟橋にある観光案内雑誌などを集め、キャンプ場にするか素泊まり宿にするか迷う
とりあえず2つあるキャンプ場を下見してこようと、待合所を出ると熱気が襲ってくる

暑い、メットかぶりたくないな、半ヘル欲しい、、、、、、、
走り出せば何とかなるか、と思ったが意外と道が混んでいてスピードが出せない
暑さで少しイライラしながら市街地を抜け、キャンプ場に向かう

一つ目のキャンプ場には、ここに何年居るんだろう?って感じのライダーが一人居るだけ
少し話したが、テントから出てくる気配も、顔を出す気も無いらしく、早々に立ち去る

二つ目のキャンプ場は、20張りほどテントが並びここにも長期滞在者が多数居た

ここにテントを張ってしまうと、、、、、、もしかしたら、抜け出せなくなるかも?

と、一瞬思った

俺の中にそんな一面があるのは自覚していたので、ここは少し金を使って、帰らなきゃならない状況を作ってしまったほうがいいな!

それならば、桟橋近くの素泊まり宿に泊まりましょうと、桟橋に戻る

途中、食堂で昼飯を食う、そこにあったガイドブックを見ながら海鮮定食を食べていると
綺麗なウッドデッキがある民宿の写真が目に留まった

ウッドデッキから伸びる椰子の木の向こうに青い海が広がっている

ここ良いな、電話番号をメモし店を出てから電話をしてみると泊まれるとの事、予約をし明日も石垣観光することにした

それからしばらく島を走りまわる
IMG_0981 のリサイズ画像

IMG_1002 のリサイズ画像

IMG_1014 のリサイズ画像


15:00頃、洗濯をしたいので早めに宿に行くことにした

チェックインをして、明日も泊まれるか聞くと、明日以降は満室とのこと、今日もたまたま空いていたらしい、ついてるな

荷物を部屋に運び、早速洗濯物を抱えて洗濯機に放り込む、部屋及び館内は禁煙なので
デッキでタバコを吸いましょうと、ウッドデッキに出る

そこで、彼女に出会った


つづく

















スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「そこで、彼女に出会った」
で、おわったら
続きを読むしか有りませんかね。


暑い、メットかぶりたくないな
海に入っちゃおうじゃ無かったのですね。

なれなれしい書き方で、スミマセン。
2008/02/13(水) 20:20 | URL | 田亜山 #-[ 編集]
田亜山さんこんばんは

やっと今日続きを書きました、如何でしょうか?

別になれなれしい事ないですよ、フレンドリーに書いてくれると嬉しいです。
また、コメントよろしくです(^^)

2008/02/14(木) 18:59 | URL | kita #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cafekita.blog80.fc2.com/tb.php/152-22171d7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。